サーフボードの正しい捨て方のは?

マリンスポーツの中で人気のあるサーフィン。
長年愛用していたサーフボードが痛んできて処分しないといけなくなった時、どのように処分したらいいのでしょうか。

 

 

地自体で処分する

サーフボードは180p以下に切断すればOKという自治体と、回収ができない自治体があります。
ホームページで事前に確認しておくと良いでしょう。
切断の際は怪我などにくれぐれも注意をして行ってください。

 

中古品を扱うお店で売る

痛んでもなく、汚れもそんなに目立たないのであれば中古品を扱うお店に売りましょう。
サーフボードの出張買取の業者もあるそうなので、数社見積もりを取ってみましょう。
黄ばみがひどい。
折れたサーフボード。
品質が悪い。
剥離している。
上記に当てはまるボードは買取不可の店舗が多いので、ボードの保存状態を確認して買取可能か店舗のスタッフの判断に委ねましょう。

 

不用品回収業者に依頼する。

自治体の粗大ゴミに出してくても、サーフボードを切断する時間がないという場合は業者に依頼したほうが良いでしょう。
お金はかかりますが、見積もりを依頼した日のうちに回収できたりと何か便利です。
サーフィンが盛んな地域なら、地域価格で安く回収できるケースもあります。
サーフボードの回収費用は平均的に3000円〜だそうです。
それ以上に値段が高い業者は避けるようにしましょう。

 

まとめ

  • 自治体によって回収できる地域とできない地域があるため、ホームページなどで確認する。
  •  

  • 中古品を扱うお店に売る。サーフボード買取業者に査定してもらう。
  • 保存状態によっては買取不可の場合もあるので、業者の判断に委ねる。
  •  

  • 不用品回収業者に依頼して処分してもらう。

 

 

  • 2015/02/14 17:37:14