遺品整理業者の選び方!

不用品回収業者には遺品整理も展開している業者が多く存在します。
依頼するには「選んで良かった」と思える業者さんであってほしいもの。
そこで遺品整理業者を選ぶ4つのポイントを紹介します。

 

1、地域密着型の業者さを選ぶ。代行業務をかてくれる専門機関に選依頼する。

葬儀屋と遺品整理は地域に溶け込んでいる業者が良いでしょう。地域の目もらありトラブルが少ないからです。
また、行政書士事務所から業者に依頼して遺品整理の整理の代行作業もやってくれる場合もあります。
費用はかかりますが、専門家に入ってもらえばトラブルを回避できます。

 

2、電話だけの依頼でOKの業者はえらばない。

現状を確認しないで、「予算はこれだけ!で処分します。」という業者は危険です。
作業した後に高額の請求したりする場合があります。
現状を確認して行う業者に依頼しましょう。

 

3、遺品整理業者の会社概要をチェックしよう。

「家庭系一般廃棄物収集運搬」「一般廃棄物収集運搬」この2つの許可番号を表示されているか、
遺品整理は他人の所有物を運ぶため、「一般貨物自動車運送事業」の許可が承認されているか会社概要で確認してみてください。

 

4、スピード重視より遺品に対する配慮ができている業者に依頼する。

遺品整理は遺族にとっては故人の生前使っていた思い出です。
スピード重視の業者は不用品を回収するように作業をします。
遺品に配慮ができている業者さんを選ぶとすれば少し時間がかかっても、故人を偲ぶように丁寧に作業してもらえますし、遺品整理のトラブルのリスクが低くなります。

 

まとめ

トラブルを避けるために、地域密着型の業者さんかも見積もりをとる。

 

電話だけで済ませる業者は避ける。

 

会社概要で遺品整理に必要な許可を取っているか確認する。

 

スピード重視の業者より、遺品の配慮ができている業者に依頼する。

  • 2015/02/14 17:37:14