遺品整理とタイミングと方法

大切な家族が亡くなることはとても辛いことです。
葬儀が終わってやっとひと段落する間も無く、故人が大切にしていた遺品を親戚に形見分けするのか、もしくは処分をすることになります。
そのタイミングは49日あけてから?それとも葬儀終わってから?
タイミングを知っておけば、スムーズに遺品を整理できるはずです。

 

遺品整理するタイミングは正確に決まっていない。

人が亡くなると、やることがいっぱいあります。
葬儀の手配や葬儀屋との打ち合わせ、親戚や知人、友人、またはお世話になった人への連絡など。
遺産があれば、専門家に依頼して法的手段で手続きを行ったり、相続人決めたりとかで遺品を整理する時間が少ないといえます。

 

また、故人が賃貸物件に住んでいて、部屋の明け渡し期間まで日にちが少ない場合も出てきます。
その場合は、早急に対処しなくてはなりません。

また、全ての手続きが終わってから悲壮感がやってくることも。

 

残された遺族がそろそろ、故人の遺品を片付けよう。と考えた時期が遺品整理のタイミングなのです。
宗派によってマチマチですが、49日の法要が終わってから遺品を整理をする人も多いのです。

 

まとめ

遺品を整理をする日にちは個々の判断によってマチマチ。

 

49日法要が済んてからと区切りつけるのも良い。

 

故人が賃貸で済んでいる場合、明け渡し期間までに遺品の整理や処分をする。

 

 

遺品整理の方法

形見分け
形見分けとは、故人が着ていた衣服や本、時計、趣味で使っていた道具を、親戚や親しい人に渡すことをいいます。
趣味で使っていた道具をわけてほしいと、申し出があることもあります。

 

形見分けのポイント
壊れていたり、服に穴があいているものは避ける。

 

形見分けはそのまま渡す。

 

今すぐ使える品を選んでおく。

 

遺産相続の場合

 

故人が生前に遺言書を書いていたば場合、遺言書にそって相続の手続きします。
遺言書が無くても、民法で定められた方法で相続手続きをします。
故人が亡くなり、相続が発生するまたは相続人であることを知った日から3ヶ月以内に相続の方法を決めないといけないので、遺産相続を優先に行ってください。

 

遺産相続のポイント

 

遺産相続の対象となる品は勝手に形見分けや処分をすることを法的に認められていない。

 

相続人全員に同意するまで、しっかり話し合いをする。
専門家に依頼して、遺産分割協議書を作成してもらうと相続のトラブルの回避に繋がる。

 

生前に故人が依頼をした専門家の指示に従う。

 

 

 

  • 2015/02/14 17:37:14